一般歯科

*
なるべく痛くない・削らない・抜かない治療

「歯は悪くなったら削って、丈夫な被せものや詰めものをすればいい」そうお考えの方はいらっしゃいませんか?
実は、歯は一度削ってしまうと二度ともとに戻ることはありません。被せものや詰めもので歯が強くなった気がしても、実際は削れば削るほど、天然歯の寿命は短くなってしまうのです。
そこで、竹北歯科クリニックではMI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)と呼ばれる、なるべく削らない・抜かない治療に取り組むことで、天然歯を残すことに努めています。 また、多くの方が抱く「歯医者=痛い」というイメージを覆すべく、充実した設備や器具で痛みを極力抑えた治療を心がけています。皆様のお身体と心にやさしく配慮いたします。

虫歯の治療

虫歯の原因は?どうやって防ぐの?
虫歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。
菌の塊である歯垢(プラーク)に含まれる、虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)が糖分やタンパク質を分解します。それによって排出される酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かして虫歯を作るのです。
「歯みがきをしていないけど虫歯がない/甘いものをたくさん食べているけど虫歯がない」そんな人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。

むし歯の原因「歯質」「細菌」「糖分」

歯質
歯質は一人ひとり異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んで、歯質を強化しましょう。
糖分
だらだら食いなど、間食が増えると口の中が酸性になり、虫歯になりやすくなります。砂糖の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。
細菌
歯科医院でのメンテナンスやご自身のセルフケアで菌の塊である歯垢(プラーク)を除去しましょう。また、虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きを持つキシリトールやフッ化物を活用すると、より効果的です。
むし歯はこうして進行します
  • *

    歯の表面に虫歯ができます

  • *
  • *

    虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます

  • *
  • *

    熱いものがしみて、ズキズキ痛みます

  • *
  • *

    神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります

痛みがなくなったからといって放置していると

根の先に細菌と膿がたまって炎症が起き、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。そこから全身に細菌が侵入する危険性もゼロではありません。
まずは虫歯にならないための予防を心がけ、万が一虫歯になってしまったら早期に発見・治療を行うためにも、できるだけ早めに来院されることをお勧めします。

歯周病の治療

*

歯を失う多くの原因は歯周病です
歯周病は日本の成人の約80%が患っていると言われています。実はとても怖い病気だということをご存知でしたか?
痛みなどの自覚症状がほとんどない歯周病は、気付いた時にはかなり進行しており、抜歯しなければならないということが多々あります。
また、歯周病はお口の中だけではなく、糖尿病や心臓病などの全身疾患や、妊婦さんの早産、低体重児にも深く関連しています。
お口だけでなく全身の健康を守るためにも、歯科医院での検査、歯周病菌や歯石の除去を定期的に行い、生活習慣を改善していきましょう。
こんな症状でお悩みではありませんか?
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯を磨いた時に血が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすい。
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする。(歯茎が下がったように見える)
  • 歯がグラグラする。浮いているような気がする。
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る。
  • 硬いものを噛むと痛んだり、噛みにくい。
一つでも当てはまる方は、ぜひ一度歯科医院へご相談ください!
*
歯周病はこうして進行します
  • *

    歯と歯肉の間に歯垢がたまります

  • *
  • *

    歯ぐきが赤くなり
    腫れてきます

  • *
  • *

    歯槽骨が溶けて
    後退してきます

  • *
  • *

    歯槽骨で歯を支えられなくなります

残念ながら抜歯に

  • ニュース&トピックス
  • セミナー&コラム
  • メンバーブログ

STAFF募集中!

ページトップ