小児歯科

*
小児歯科からの子育て支援

子育て中のご両親は子どもの育て方に自信を持つよりも、どうしたらよいかの手探りでいる事がほとんどではないかと思います。当院は治療であっても予防や保健指導であっても、お子さまを育てているご両親の気持ちを理解して、子育て支援としての歯科医療を提供致します。それは単に歯や口をみて歯科疾患の治療を行うだけでなく、お子さまに寄り添うご両親の気持ちを理解し、支援する事と考えています。
「甘い食べ物はやめましょう。磨き残しはご両親の責任です。」という指導よりも、日常生活を理解して「この時間で歯磨きをすると負担が少ないと思います」とか、「完璧でなくてもいいんです。できないところを手伝うのがかかりつけの歯科医院です」といった声かけ、支援をさせて頂きます。

*
お子さまの気持ちに寄り添った診療

「歯医者さんは怖い!痛い!行きたくない!」そう思っているお子さまは多いのではないでしょうか。子どもの頃のそんな記憶は、大人になっても歯科医院が通いづらく感じる原因のひとつです。
竹北歯科クリニックではそんなお子さまの気持ちに寄り添って、いきなり治療に入るのが難しいお子さまは、まずは診療器具や歯医者さんに慣れてもらうところから始めようと思っています。
治療中の声かけはお子さまの年齢や治療の状況にあわせて言葉を選びます。
支援ですから否定的な言葉でなく、出来ていることをほめる声かけをさせて頂きます。手鏡を持たせて何をしているか見せるなど工夫を行います。
もっとも、状況を理解するだけの年齢でなければ、説明よりも早く終わることを心がけ、終わった後、頑張ったことをほめる言葉がけをさせて頂きます。また、お子さまが楽しく歯医者さんに通院できるよう、様々な工夫を行っております。

*
小児期から健康を見続ける歯科医療

小児歯科の最も良いところとして、お子さまの口腔の中を幼児の時期から管理できるという点があります。泣いて暴れる時代から、少しずつ理解しコミュニケーションが成立するようになるとき、そして幼稚園や保育園でのお子さま、小学校に入学して永久歯との交換期、中学生となり永久歯列や咬み合わせが完成するとき、と長期にわたってお子さまの発達・成長とかかわることができます。このことはかかりつけ歯科にとって素晴らしいことです。今までの痛いときだけの歯科ではなく、継続的に守り続けることの大切さは案外理解されていません。小児歯科に必要なこと、小児歯科だからできる継続管理は、治療が目的ではなく、発達・成長に対する支援です。
継続した歯科管理は歯科疾患だけでなく、口腔機能の発達をご両親に知らせるという目的もあります。食べる昨日の発達、発音の完成、豊かな表情の形成、きれいな歯列の完成など成長とともにみられる機能の完成をご両親と一緒に喜び、支援をさせて頂こうと思います。

歯の生え替わりの時期は要注意!

*

乳歯は生え替わるから虫歯になっても大丈夫
その考えは、大きな間違いです
乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備をしたり、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。
さらに、感染症である虫歯になってしまった乳歯があるお口に、抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると…当然、虫歯になるリスクは高まります。
つまり、乳歯だからといって虫歯になっても問題ないと考えるのは、大変危険なことなのです。
生えたての歯はとてもデリケート
生えたての歯は、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低いことに加え、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあります。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。
また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなど…この時期特有のトラブルもつきものです。
歯の生え替わりの時期を把握し、大切なお子さまのお口を絶えずケアすることを心がけましょう。

*

大切なお子さまの今と、これからの健康のために

*

虫歯になりにくいお口へ
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態だと言われています。では、なぜ虫歯になるのか?
前述した通り、虫歯は感染症です。つまり、スキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子さまのお口に虫歯菌がうつり、虫歯に感染してしまうのです。
虫歯菌への感染時期を遅らせることで、将来虫歯ができにくくなるというデータが報告されています。つまり、今のお子さまを虫歯から守ることは、将来のお子様のお口の健康を守ることにもつながるのです。
お子さまを虫歯から守る3つの方法
  • 感染源の除去
    感染源とされる、お母さまや周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが大切です。 毎日の歯みがきに加え、歯科医院でのケアやクリーニングを受けましょう。
  • 感染経路の遮断
    虫歯の感染を防ぐのに効果的なキシリトールを活用して、愛情あふれる安全なスキンシップをとりましょう。
  • 抵抗力の強化
    歯科医院での歯みがき指導、歯の溝を埋めるシーラント填塞、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布)などを活用し、歯質が弱く免疫力の低いお子さまの歯を守るための工夫をしましょう。

大人は我慢できることでも、子どもにとっては大変です。治療の後はたくさん褒めてあげてください。

  • ニュース&トピックス
  • セミナー&コラム
  • メンバーブログ

STAFF募集中!

ページトップ