インプラント

*
歯を失っても快適に過ごせるように

インプラント治療は、歯周病やむし歯で歯が抜けてしまった部分に「インプラント」と呼ばれる金属の人工歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着することで歯の機能を回復させる歯科治療です。
歯を失うことは、食べ物が良く噛めない、うまく発音できない、食事を楽しめない、人前で自然に笑えない、老けて見えるなど、身体の問題ばかりでなく心の問題とも深く関っています。
一度失ってしまった歯は、二度と元に戻りません。しかし、インプラント治療なら、天然の歯とほとんど変わらない見た目や噛みごこちで、会話や食事を楽しむことができます。歯を失っても健康で快適に過ごすことをあきらめないでいられるよう、竹北歯科クリニックではインプラント治療を行っています。インプラントで自然な笑顔を取り戻し、豊かなライフスタイルを手に入れてみませんか?

*
患者さんの今と、将来にとって
一番良い選択を行います。

歯を失ってしまった患者さんにとっての治療法として、全員に必ずしもインプラントが適している訳ではありません。インプラントを行うには注意すべき点も多くあり、お一人ごとの生活環境、年齢、お口や全身の状態にも大きく左右されます。それをふまえた上で、今だけでなく将来的なこともしっかりと考え、一人ひとりに最適な治療方法をご提案いたします。

竹北歯科クリニック&Lifeで使用している

〜世界で信頼されるブランド〜
ストローマンインプラント

ストローマン社は世界のインプラント市場でNo.1のシェアを持っており、世界で1000万本以上のストローマンインプラントが患者さんの治療に使用されています。50年にわたる調査と研究に支えられており、安心・安全です。ストローマンインプラントの表面は、骨としっかり結合される為の特許を取ったストローマン独自の特殊な処理を施しています。インプラント体埋入10年後の高い治療成績が報告されています。

インプラント手術の基本的な流れ

  • *

    インプラント
    埋入

  • *
  • *

    アバットメント
    装着

  • *
  • *

    アバットメント
    装着完了

  • *
  • *

    上部構造
    装着

  • *
  • *

    インプラント手術
    完了

入れ歯・ブリッジとの比較

部分的に歯を失った場合の治療方法として、インプラントの他には「入れ歯」や、失った歯の左右の歯を削って橋を架けるように人工の歯を被せる「ブリッジ」などがあります。
従来は入れ歯やブリッジといった残った他の歯に力や機能の分担をしてもらう方法が一般的でしたが、新たな方法として、周囲の歯を削る必要がなく自分の歯のように噛めるよう固定されるインプラント治療が知られてきました。
お口やお身体の健康状況、ご希望に合わせてお一人ごとの治療方法が異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラントイメージ ブリッジイメージ 入れ歯イメージ
  • 違和感なく自分の歯と同じように噛める
  • 健康な歯を削る必要がなく、自分の歯を多く残せる
  • 見た目が美しく、天然歯とほとんど変わらない
  • 固定されるので、あまり違和感がない
  • 自費の材質によっては見た目がきれい
  • 治療期間が短い
  • 保険適用であれば比較的安価
  • 比較的、治療が簡単で短期
  • 保険適用であれば比較的安価
  • 自費の材質によっては見た目がきれい
  • 手術が必要
  • 保険適用外のため、治療費が高くなることがある
  • 比較的、治療期間が長い
  • 隣接する健康な歯を削らなければならない
  • 支えになる歯に大きな負担がかかる
  • 食べ物が歯肉との間に挟まると虫歯や歯周病の危険性が高まる
  • 硬いものが食べにくいことがある
  • 食べ物が入れ歯に挟まると虫歯や歯周病の危険性が高まる
  • 保険適用の部分入れ歯の場合は留め金が見えてしまい、見た目が良くない

インプラントの流れ

カウンセリング
竹北歯科クリニックでは、丁寧なヒアリングを行い、なぜ歯を失ってしまったのか、インプラントでどういった回復を求めているかなどを伺います。
精密な検査
お口やあご、お身体の状態をより的確に確認・把握するために、レントゲン写真や口腔内写真を撮影したり、血液やお身体の検査を行います。
当院は県内でも数少ない高水準の歯科用CTを完備していますので、より精密で正確な診断を行うことができます。
※検査結果によっては、インプラント治療を受けられない可能性があります。
CT

レントゲン機器

診断に基づいた治療計画立案
検査結果をもとに、インプラントの本数、治療にかかる期間、費用などについて治療計画をわかりやすくご説明いたします。インフォームドコンセントを徹底し、患者さまが理解・納得された上で治療を開始します。
十分に検討していただき、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

説明風景

安全な手術のための前処置
インプラント治療を開始する前に、必要に応じて口腔内の環境を整えます。むし歯や歯周病の治療、インプラントを埋入する部位の骨が少ない場合には骨の再生治療など、インプラント治療を安全に行うための前処置となります。

前処置風景

インプラント埋入手術
コンピューターで適切な位置をシュミレーションした上で、人工歯根(インプラント)をあごの骨に埋入します。手術の翌日以降は通常の生活ができます。

埋入手術イメージ

治癒期間
個人差はありますが、インプラントとあごの骨がしっかり結合するのを2〜6ヶ月程待ちます。インプラントを埋めた部位(上顎、下顎)や骨の質などで治癒期間は個人差があります。この期間、仮歯を使用できる場合もあります。
治癒するまでの期間は、インプラント体の種類、患者さんの骨の状態、体調によって異なります。
上部構造の製作
術後、上顎で2ヶ月〜6ヶ月、下顎で1.5ヶ月〜3ヶ月で上部構造(人工歯)の型取りをし、セラミックの被せ物を作製します。
型取りをして1〜2週間後、上部構造を装着し、様子を見ながら噛み合わせの調整を行います。

上部構造の製作イメージ

メンテナンス
優れたインプラントも万能ではありません。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。
インプラントの大敵である歯周病を防いだり、残った歯を健康に保つためにも治療終了後のメンテナンスが大切です。
正しいホームケアの方法をご案内し、2ヶ月〜6ヶ月に一度の口腔内チェックやクリーニングを定期的に受けていただきます。
治療後の健康を維持するためにも、ぜひ定期検診にお越しください。

メンテナンス風景

  • ニュース&トピックス
  • セミナー&コラム
  • メンバーブログ

STAFF募集中!

ページトップ